鉄板のチャンプルー系は、実はこんなに種類がある!

野菜たっぷりのヘルシーな沖縄料理チャンプルー


沖縄料理でもポピュラーなチャンプルー。一般的にはゴーヤチャンプルーが有名ですが、チャンプルーの種類はゴーヤだけではありません。ゴーヤは苦いのであまり好きではないという人や、子どもでも食べられるチャンプルーの種類がたくさんあります。

そもそもチャンプルーとは沖縄で混ぜるという意味があり、冷蔵庫に入っている、ありあわせのものを混ぜて作っていた家庭料理だそうです。大きな特徴としては、島豆腐という沖縄の硬い豆腐を使っているものが多いところですが、中には島豆腐を使っていないものもあります。

家庭で作る場合は、木綿豆腐で代用するといいでしょう。塩コショウ、醤油で味つけしますが、ゴーヤの苦味が気になる人は、砂糖やみりん、麺つゆなどを使うと食べやすくなります。

ゴーヤ以外のチャンプルー


チャンプルーは、メインの食材以外に、豆腐、ポーク缶、豚肉、ツナ、卵、かつお節などが使われているレシピが多いですが、家庭で作る場合は好きなものや余りものを使ってください。それでは、メインの食材はゴーヤ以外に、どんな食材を使ったチャンプルーがあるのでしょう?

キャベツを使ったタマナーチャンプルー、モヤシを使ったマーミナーチャンプルー、パパイヤを使ったパパヤーチャンプルー、カラシナの塩漬けを使ったチキナーチャンプルー、ヘチマを使ったナーベーラーチャンプルーなどがあります。

その他、豆腐以外を使ったものでは、そうめんや車麩を使ったチャンプルーもあります。
沖縄では、おいしいチャンプルーが食べられるお店がたくさんあるので、お好みのチャンプルーを見つけてくださいね。