ソーキそばor沖縄そばで、出汁の旨味を味わおう

沖縄の「そば」って知っている?


沖縄の「そば」は、蕎麦粉を使用した日本そばとは違い、小麦粉を使用した平打ち面が特徴で、カツオ出汁や豚骨出汁を用いたスープが特徴の料理です。どちらかというと、うどんに近い食べ物で、沖縄では琉球王朝の時代から続く郷土料理なのです。トッピングには、ネギやかまぼこ、紅ショウガがのっていて、食も進みますよ。暑い沖縄で食欲がなくなった時でもあっさりと食べられるものとして重宝されてきた食べ物なのでしょうね。小さな子どもから年配の方まで、天然出汁のきいたスープでペロリと食べられます。
地元の人も愛するソウルフード「沖縄そば」を食べれば、自分もまるで沖縄の人になったような気分になれます。沖縄に旅したら是非食べてみてくださいね。琉球古民家を店舗として使っているお店やオリジナルな出汁にこだわったお店など、たくさんのそば店があるので要チェックです。

ソーキそばと沖縄そばの違いを紹介!


沖縄に旅すると「ソーキそば」や「沖縄そば」の旗や看板を多く見かけると思います。空港や繁華街にも多いですよね。沖縄では都市部から離れた所にも沖縄そば屋さんや町の食堂があり、食べることができますよ。
沖縄そばがあるお店では、ほとんどのところでソーキそばも提供しているでしょう。ソーキとは豚の骨付きスペアリブを泡盛や醤油、砂糖で煮込み甘辛くしたもの。これを沖縄そばにトッピングしたものがソーキそばです。沖縄そばの出汁に甘辛いソーキがのることで、味が濃くなりスープの味も変化します。ソーキには大きな骨が付いたものや軟骨がホロホロととれて全部食べられてしまうものまで、お店によって違いがあります。
あっさり沖縄そばと濃厚ソーキそば、それぞれ出汁のうまみを感じて楽しみましょう。チャンスがあれば、沖縄そばとソーキそばを旅の中で食べ比べても面白いですね。