子供の矯正歯科で生じるローンの問題

>

成人年齢引き下げでローンは変わるのか

民放の大人年齢引き下げとは

2022年4月から日本の民法では、18歳は大人とされます。成人年齢の引き下げによってこれまで20歳からだった大人という概念は18歳以上へと移行されました。
今までは20歳にならなければできなかったことが、18歳からできるように変化したのです。とはいえここでいう大人というのは、20歳以上の成人とは少し違います。例えば今まで飲酒や喫煙は20歳からとされていました。健康な心身を育むには18歳からでは影響が大きすぎるということ。そのため飲酒や喫煙はこれまで同様に20歳からです。成人でも18歳以上は認められていません。
民法で20歳から18歳に成人年齢を引き下げたのには、社会参加を若いうちから始めてもらおうという趣旨からです。そのため、これまでは出来なかった携帯電話の契約、ローンの契約なども18歳から可能とされています。

デンタルローンは子供名義で組めるのか

契約やローンの締結が18歳の成人から可能となったのなら、デンタルローンも子供名義で組むことができるのではないか。こうした疑問も生じるでしょう。
成人年齢引き下げを受けて2022年4月からの契約に大手企業などでは独自の規定を設けています。それは、ローンの締結は20歳からというものです。18歳成人また社会参加への推奨は理解しつつも、金銭トラブルを回避するため現時点では18歳からのローン締結はまだまだ難しいものとされているようです。そのためデンタルローンも子供名義で組める者は少ないよう。返済の問題を踏まえても信頼できる金融機関では、まだ親御さん名義でのローンを推奨しています。
民法改正が世間に推奨され、また18歳成人に返済能力がある環境が整っている状況にあれば後にデンタルローンを組める日が来る可能性も高くなるでしょう。